看護師の仕事って大変ですよね!もっと詳しく看護師について説明しています。

看護計画とは?

入院している患者さんを、ただやみくもに看護しているだけでは、それは良い看護とは言えませんよね。

その患者さんの病状に合った適切な介護をしていかなくてはいけません。

その為の計画を「看護計画」といいます。

この看護計画というのは、看護過程の一つです。

看護過程というのは、患者さんにとって最善のケアを提供していくには、どのような計画や行動をしていくのが考え、それを行動していくことです。

看護過程の中には5つの段階があり、

1.看護アセスメント
2.看護診断
3.看護計画
4.看護介入
5.看護評価

上記があります。
この中の3番目にあるのが「看護計画」になります。

看護計画は、2番目の看護診断に基づき、具体的な目標や計画を立てていきます。

具体的に、主な内容は以下の4項目になります。

* 看護目標
長期目標と短期目標があり、期限を設定する。

* 観察計画
患者の異常を早期に発見するための、観察項目の設定。

* 実施計画
健康回復や安全に生活を送っるためのケアの計画。

* 教育計画
生活する上での注意点や治療に伴う注意点を設定する。

このように、患者さん一人一人に適切な看護計画を立てることで、無駄なくより良い看護を提供していけるのです。